ロゴ
HOME>特集>住宅ローン控除制度の特徴を知ろう【確定申告前に知りたいこと】

住宅ローン控除制度の特徴を知ろう【確定申告前に知りたいこと】

ウーマン

住宅ローン控除対象となる住宅ローンの特徴

住宅購入はその中心的な存在が中年のサラリーマン世帯ですが、一生に一度の大仕事といわれるほどです。多くの家庭がより良い住まいを持つ願いを持っていても自己資金で住まいを持てる人は殆どいないからです。しかも、大都市圏の地価上昇を背景として住宅購入には一段と多額の住宅ローン融資を受けることが必要になっています。このため、以前から住宅ローン融資を受けて一定条件を満たす住まいを持つ人には住宅ローン控除の減税制度が用意されています。住宅ローン融資を受けて住まいを購入すると支払っている所得税や住民税から確定申告することにより一定期間、毎年末のローン残高に対して一定割合を控除してもらえる仕組みになっています。但し、その年に支払っている所得税や住民税の金額が上限となっていることがこの税金控除制度の留意点です。なお、住宅を建てる場合も国の推し進めている長期優良住宅や低炭素住宅の認定条件に沿う住宅であれば、一般的な住宅以上に税金控除対象額で優遇措置が用意されています。

住宅模型とお金

確定申告での注意点

現状の制度では控除対象期間が10年間となっています。この期間の年収や家族の扶養状況と住宅ローン借入金額、利率、返済期間等をセットすれば確定申告して控除される税金の目安額が計算できます。控除シミュレーションにより控除対象期間に戻ってくる控除額がほぼ見通せることで、多額の住宅ローン返済を続ける家計に役立てられます。10年間の控除累計額は一般的に数百万円に達しますが、この控除制度の適用を受けるには住宅の床面積や住宅ローン返済期間、その他の条件にすべて合う必要があります。従って、昨今、住宅を建てるには住宅ローン借入が前提になっているでしょうから、減税制度の要件を確認してから住まい計画を立てることが必要です。また、ローン借入額が増えるにつれて返済期間が長くなり、その返済途中でローンの借り換えあるいは、繰り上げ返済等、ローン借入開始時点の状況変化が起こりやすくなります。このため、住宅ローン借入条件の変更により住宅ローン控除の減税制度適用に影響することがあるので、事前に確認する必要があります。